LEDはLight Emitting Diodeの略称であり、日本では発光ダイオードとも呼ばれています。LED電球の特徴としてよく知られているのは、通常の電球よりも寿命が長いこと、点灯までの時間が短いということなどです。実際に、LED電球の寿命は通常の電球と比較すると、どの位長持ちするのでしょうか。
一般的な白熱灯の寿命は3ヶ月から6ヶ月とされていますが、LED電球の寿命はなんと約11年間もあるといわれています。かなり長持ちするため、一度電球の取り換えを行えば、長い間そのまま使用できるのです。度々電球が切れてしまうと、その度に購入しなければなりませんし、取り換えの手間もかかります。LED電球の寿命の長さには、コスト面と手間の少なさで、大きなメリットがあるといえるでしょう。また、LED電球は電気代も控えめなため、長く使うほどコストパフォーマンスが良くなります。通常の電球と比較すると約4分の1程度といわれており、光熱費の節約にも役立ちそうです。

電球選びには、明るさがどのくらいか、というのも大切な要素でしょう。白熱灯と比較すると、LED電球の明るさはやや偏りが出やすいといわれています。目で見て感じるほどではないかもしれませんが、部屋の中に明るめの場所と、暗めの場所とができるそうです。しかし、即時点灯性が良いため、スイッチを入れるとすぐに明るくなるというメリットがあります。また、LED電球の光には紫外線が含まれていないため、虫などが寄りつきにくいという特徴があります。

LED電球は発光ダイオードと呼ばれる半導体を使用した照明で、直流電流によって発光します。即時点灯が特徴で、従来の蛍光灯電球はスイッチを入れた瞬間には発光せず、発光しても70%程度で、数秒後に100%点灯となりますが、LED電球はスイッチを入れた瞬間から100%の点灯が可能となっています。LED電球の大きなメリットは消費電力と寿命で、例えば白熱電球60形を使用していた場所に同じ明るさのLEDを付け替えるとすると、5.8Wほどの電球で十分な明るさを維持できるようになります。およそ1/10の消費で済むことから、照明にかかる電気代が大幅に下がる結果となります。また、寿命は非常に長く4万時間前後と言われ、白熱電球では1,000~2,000時間、蛍光灯では13,000時間程度となっており、例え点灯を続けたままであっても4年は継続して使える計算になります。

通常の使用なら10年は使い続けられるとして、買い替えの費用が抑えられるので、LED電球が現在でも高価だとしてもトータルの費用では白熱電球よりお得になります。寿命を迎えても従来の白熱電球のようにプツリと切れるのではなく、徐々に明るさが減少していくようになるので、寿命がきたからといって慌てて交換する必要もなくなります。LED電球は発光ダイオードの特性から指向性のある光を照射するため、設置した裏側が暗くなって明暗ができることで不気味に見えるというデメリットがありますが、現在は様々な技術を駆使して暗くなりにくいようになっているので、使い勝手のよい電球となっています。

オススメリンク
家電の鬼になろう!
工務店向け集客ノウハウ生命保険の口コミ.COM生命保険の選び方クレジットカードの即日発行じゃけん健康マニアによる無病ライフ

Add Comment

Required fields are marked *. Your email address will not be published.