家の中の廊下やお風呂場などで使われている白熱電球は、LED電球に交換をすることで省エネを図ることが実現できます。LED電球を使った電気代は白熱電球よりも格段に低くなっているからです。LED電球の種類によっては白熱電球の10分の1程度のエネルギーですむために、毎月の電気代のコストを大きく引き下げることが可能となります。LED電球は白熱電球に比べると、購入価格が高くなっているのが唯一気になるところです。しかし、近年のLED電球は従来よりも安くなってきています。以前のLED電球は、白熱電球よりも10倍程度の価格となっていました。しかし、現在は価格が下がり、1000円以内で買えることが多いです。まだ白熱電球よりは価格が高いですが、寿命を考えるとLEDの方が断然有利となってきます。LED電球の寿命は大体10年程度となっているために一度交換をしたら、しばらくは交換しなくていい状況が生まれます。よって、長期的に電球のコストを抑えられる利点も出てきます。以前のLED電球においては、白熱電球に比べると温かみのない発色になってしまったり、光に広がりがないことが起こっていました。しかし、近年の製品は改良をされて、以前のような問題は解決をされています。したがって、今は安心してLEDに交換することが可能となっています。電気メーカーにおいては、発熱電球の生産を止めるところが出ている状況があり、将来的にはLEDに一本化されていく可能性が出ています。