電球が切れたのであれば、新しく取り換えなくてはなりませんが、この機会にLED照明に変えることを検討してみてもいいでしょう。
LED照明の特徴としては、寿命が長いというのがあります。
寿命が長いことのメリットとしては、頻繁に電球を変える必要がないという点があるでしょう。

他にもメリットとしては、消費電力を低く抑えることが出来るというのがあります。
消費電力が低いことによって、光熱費を安くすることが出来るので、家計にも優しくなるのです。
メリットばかりを感じられるLED照明ではありますが、一つ気になる点があります。
LED照明は他の電球にくらべて価格が高いという点が難点になるのです。

電機店に行って、たくさんある電球の中で価格を比べてみると、その差に驚くかもしれません、
従来のものよりもかなり高くなりますので、ついやすい方の電球を購入したくなるものではあります。
しかしメリットを考えてみると、少しくらい高かったとしても、LED照明にしておく方がメリットが大きいと考えられます。
目先の価格は高く感じられますが、長く持つようになりますので購入する頻度が少なくてすみます。

安い電球を何度も買い換えていれば、その分高くついてしまう事もあるのです。
一度購入して何年も使えるのであれば、その方が逆に安かったという事もありますので、必ずしもLED照明の方が高いとは思わないようにしましょう。月々の光熱費の負担なども考えながら検討していく事です。