シーリングライトは、天井面に直接取りつけるタイプの照明器具で、室内を全体的に明るくするために住宅等の居室や事務所等で多く用いられています。LEDシーリングライトは、2010年に登場したもので、名前が示しているようにLEDを光源として使用していることが特徴で、調光が可能という点が蛍光灯にはないメリットと言えます。

また、発光効率自体は蛍光灯との間に大きな差はありませんが、環境光センサーと組み合わせて自動的に調光する等で省エネルギーを実現しています。さらに、約40,000時間と寿命の長さでも優れており、2012年には販売数量においてLEDシーリングライトが多数を占めるようになっています。

なお、LEDシーリングライトは、様々なメーカーにより多様な内容の商品が提供されているので、どれを選んでも同じというわけではありません。失敗しないためには事前の比較検討が必要であり、明るさや機能、照明器具の大きさやデザイン等のポイントを押さえて、目的と合致した商品を選択するのが適当です。

この中で明るさについては、日本照明工業会によりLEDシーリングライトの適用畳数の表示基準が制定されているので、目安として利用する事が出来ます。例えば、適用畳数が6畳の場合の標準定格光束は、2700ルーメン(lm)となります。なお、ルーメンとは、LEDシーリングライト全体の明るさを示す単位であり、数値が大きいほど明るくなります。